ソーシャルレンディングによる資金調達のメリット

物流の世界では、消費者と供給者がインターネットを通して直接取引を行うのが一般化しています。インターネットの普及は、日本の国内外を問わず国境を越えて消費者と供給者が取引を行うことを可能としました。卸売業者などによる仲介を受けることなく直接的な取引を行うことで、流通コストを削減することができます。流通コストの削減は消費者がより安い価格で物を購入することを可能とします。また供給者が価格を下げて商品を提供しても利益を確保できるというメリットもあります。このようなインターネットによる流通効率の向上とビジネスチャンスの発生は、金融の分野においても起こっています。多くの企業がインターネットを活用することで、必要となる資金を不特定多数の投資家から効率的に集めることができる時代になりました。

企業と投資家を効率的にマッチングする

ソーシャルレンディングによる資金調達は企業と投資家の効率的なマッチングを可能とします。その方法は大きく3種類に分類することができます。マーケット型は運営会社が企業の格付けを行います。投資家は格付けを確認しながら融資額と金利を自由に決定することが可能です。融資を行う投資家のリスクに対する許容度や希望の利回りに応じて、市場の原理により金利が変動することになります。オークション型では企業が融資の目的と信用性を投資家にアピールします。投資家たちによるオークション形式の入札が行われ、最も低い金利を提示した者が融資を行う権利を取得できます。一般的な市場金利に左右されず、信用性の高い企業であれば低金利な融資を受けることが可能です。貸付型は日本で生まれたソーシャルレンディングの方法です。運営会社が企業を審査して金利や融資額、融資期間などを決定します。投資家は運営会社から提示された条件を比較検討して融資先を決める仕組みです。

流通効率の向上によりビジネスチャンスが生まれる

ソーシャルレンディングにより企業と投資家の直接的なマッチングが行われることにより、流通コストが削減されビジネスチャンスが発生します。企業はインターネットを通して効率的な資金調達を行うことができます。信用性が高ければ銀行などから融資を受ける場合と比較して低い金利で資金調達を行うことができる可能性があります。また通常の場合には投資家は低い金利で銀行に預金を行います。銀行は高い金利で融資を行いますが、インターネットを活用することで仲介者が不要となります。そのため投資家は直接的に高い金利で融資を行うことができます。実際の金利は企業の信用性や投資家の希望利回りによって決まりますが、インターネットを活用した直接的な融資方法には企業と投資家双方に対してビジネスチャンスをもたらすという特徴があります。